soranocurtain's blog

ある種の言葉遊びをはじめます。本当の文学作品はここから生まれる

日焼けについて作品を書こう!

良し!夏だ、季節を意識して日焼けについて作品を書こう!

作品の出だしは「日焼け」だ。

日焼けには、肋骨にそって激しい痛みが生じるものを目指したいものは出てこないのか、そのときはまだ手つかずになっている部分の遊歩道から歩道橋につながるスロープを肋間神経痛というとんでもない事態を招く恐れが赤くなるタイプとしては危険です。

うっ、出だしの日焼けは良かったのだが、まだ前回の作品である肋間神経痛が脳裏をよぎり、絡みだしてしまった。

なんとなく、途中は肋間神経痛の話なのだが、しっかりと最後には「赤くなるタイプとしては危険」と日焼けで締めたのである。

そして、この作品には続きがある。

赤くなる、キーになり、今年のかな、人にポジションを連想配列に含まれるそれぞれの、夏は日焼けにはまだ書くべきときはまだ書くべきときで肌があります。

まさにここで読者は「来た!支離滅裂な文章」となることだろう。

それでも最後には「」という、夏の日焼けをイメージさせると思うだが、どう?