soranocurtain's blog

ある種の言葉遊びをはじめます。本当の文学作品はここから生まれる

肋間神経痛では、肋骨にそって激しい痛みが生じるものらしい

肋間神経痛では、肋骨にそって激しい痛みが生じるものらしい

とある文章。これは村上春樹を超える非常に難解な文章である。

具体的にはどんな文章なのか考察してみよう。

肋間神経痛では、肋骨にそって激しい痛みが生じるものを行い、フルーツもボリュームができ、現在まだ手つかずになっている部分の遊歩道から来年の3月頃に痛みが多く、フルーツも胸で、ほとんどのプログラミング言語になり、キーにヒビが生じるものを肋間神経痛ではと不安になり、病院を受診される方が多く、また、痛む箇所もボリュームができ、現在まだ手つかずになっている部分の遊歩道と緑地帯の骨折や骨にヒビが、今年の10月頃にかけて再び工事を行い、現在まだ手つかずに存在する基本的な形式の場合は、一番可能性があるなどを強く打った覚えがあることから、命にかかわる病気な形式のひとつ。

どうやら、複数の文章が混ざってできてしまっている感じがするのは気の所為だろうか?

なんとなくはっきりしていることは

  • 肋間神経痛は肋骨に沿って痛い
  • 命にかかわることもある
  • 3月ころに痛みが多い
  • キーにヒビが生じる 骨ではなく!
  • 遊歩道と緑地帯は10月頃に工事を行う

こんなところであろうか。

日本語の奥深さを感じる結果となった。